簡易VRスペースを作成しよう。

こんな風なスペースを作れます。

 

f:id:NazzTea:20170815223634j:plain

 

VRスペースのルール

 ・真ん中の白色パネルが最初に立つ場所

 ・灰色パネルには物は置かない

 ・緑色パネルには腰より高いものは置かない 

 

使ったパネルの数

 緑色16枚、灰色8枚、白色1枚(1パネル 30cm x 30cm)

 

 

1Kのお部屋でもVRスペース確保優先で作るとなんとかなります。

壁に手をぶつけない、何も踏まない蹴飛ばさない。

この安心感・・・没入感をしっかりと高めてくれます!

Airtoneなどは、あまり移動しないので、全力で楽しめます。

少し歩き回る場合は緑色にも何も置かない方がいいですね。

そして、寝るときはこの上に布団を置いてます。

そして、開発スペースはこんな感じです。

f:id:NazzTea:20170815223721j:plain

 

使ったパネルのAmazonリンク

 

 

【UE4】レベル上に配置したアクタを楽に置き換える

できること
 レベル上に仮配置した物を簡単に本番用に置き換える

 

レベル上に配置したアクタを選択

f:id:NazzTea:20170806122740p:plain

 
 
コンテンツブラウザ上で置き換えたいBPを選択

f:id:NazzTea:20170806122800p:plain

 
レベル上で配置したアクタを右クリック
選択中のアクタと置換→選択”BP_・・・・・・”

f:id:NazzTea:20170806122817p:plain

 
結果

f:id:NazzTea:20170806122833p:plain

【UE4】画面上に浮かび出るイベントテキストをつくってみる

できること

  • こんな風に画面上に表示するテキストが楽に作れる(ブレスオブザワイルドより)

f:id:NazzTea:20170727200926p:plain

 
参考
 
用意するもの
  • 構造体・・・・・・データテーブルの構造登録
  • データテーブル・・・・・・テキスト情報登録
 
構造体の中身
  • Command・・・・・・イベントのタイトル、グループ
  • CharacterID・・・・・・発言者
  • Text・・・・・・発言内容
  • Enter・・・・・・決定、送信(Trueまでは同じページで表示)

f:id:NazzTea:20170727200940p:plain

 
データテーブル
 構造体の形に合わせて、データ登録。
 画像はテスト用のデータです。
 同じ Commandをかたまりとして、1つのイベントで使う感じです。

f:id:NazzTea:20170727200956p:plain

 
表示イメージ
 T1:BPの制御で3行表示にしているため、4行目が見えなければOK
  「 Test1     
    Test2     
    Test3 」   
 
 T2:2行を表示して文字が消えた後、1行表示されればOK
  「 Test5    「 Test7 
    Test6   →    
        」       」
 
 T3:1行、1行、1行と表示されればOK
  「 Test8   「 Test9   「 Test10 
              →       →   
             」       」        」
 
 T4: 送信してないので表示されない
 
 
Textを表示するスクリーンを配置するWidgetを作る

f:id:NazzTea:20170727201028p:plain

 
 <BP>
 

f:id:NazzTea:20170727201044p:plain

f:id:NazzTea:20170727201047p:plain

f:id:NazzTea:20170727201052p:plain

 
 
 
Textを表示するスクリーン
 

f:id:NazzTea:20170727201119p:plain

f:id:NazzTea:20170727201123p:plain

結果

 

いい感じにできたなぁ

あとはイベントに応じてコマンド送ってあげるだけでOK

【UE4】 ステージ管理をやってみる

できること
  • レベル上に配置した、テレポーターのような物(ドア)に移動先を簡単に指定できるようになる。
 
用意するもの
  • 列挙体・・・・・・ステージ名を登録。
    目的:変な割り当て阻止
  • 構造体・・・・・・データテーブルの構造登録
  • データテーブル・・・・・・ステージ情報登録
 
列挙体の中身
 ステージ名を登録。 ステージレベルの名前からコピーしたもの。

f:id:NazzTea:20170724203124p:plain

 
構造体の中身
 ・プレイヤーに見せるステージのタイトル
 ・プレイヤーに見せるステージの難易度
 ・OpenLevelするためのステージ名
 ・ステージのイメージ画像のマテリアル

f:id:NazzTea:20170724203132p:plain

 
データテーブル
 構造体の形に合わせて、データ登録。
 私はRowNameをIDにした。

f:id:NazzTea:20170724203135p:plain

 
ActorにWidgetをつけてこんなのを作る。

f:id:NazzTea:20170724203143p:plain

 
BPでデータテーブルを呼び出す
 RowNameで呼び出したいデータテーブルの行を指定できるので、
 RowNameを変数にして、パブリックにしてレベル上で変更できるようにする。
 あとは、データをWidgetに送ったり、OpenLebelに繋いだりする。

f:id:NazzTea:20170724203149p:plain

 
レベルに並べて、エディタ上でIDを指定。

f:id:NazzTea:20170724203153p:plain

 
左から”デフォルト”の”StageSelect”を0,1,2,3と指定してPlayしてみた結果。

f:id:NazzTea:20170724203157p:plain

 
気持ちがいい。
 
新しいステージへの道を開く方法。
 レベルを作る→列挙体に名前登録→データテーブルに登録→レベルに配置してID指定

筋トレエンジニア、交互浴の気持ちよさを知る!

今年の3月からジムに通い、
体を鍛え始めたエンジニアが本日!
交互浴の気持ち良さを知った!

交互浴を始めたきっかけは、この記事を読んだこと
https://travel.spot-app.jp/tokyo_sento_yoppy/


筋トレ直後なので、先にシャワーで鍛えて火照ったところを冷やしてから、温まってます。

そして、顔を歪めながら、水風呂に入り、10数えてでる!

お湯に浸かる!
体中の血管が、ぶわぁっと広がるむず痒さがなかなか良い。
汗ばむほど温まったらまた水風呂へ!

温→水を三回ほど繰り返したらお風呂からでる。

今日は、ぐっすり眠れそうだ。

『クエリちゃん&スマイルラン』α版公開

このゲームは、関ゲ部 ゲーム試遊会に持って行ったものです。

https://atnd.org/events/85004

 

f:id:NazzTea:20170226093527p:plain

 

Entyにて、支援者向けにα版を公開しています。

β版は一般公開かコミケで配布の予定です。

 

「クエリちゃん&スマイルラン」

 注意!オキュラスリフトとオキュラスタッチが必要です。

 

------動画------

 

-----補足説明------

 このゲームは“幸運だと思っている人は幸運になる実験結果”と“カラーバス効果”を用いています。

 ポジティブな時間を少しでも増やして、みなさんが幸せになれればいいな。

 クエリちゃんが跳ね回っているのを見るだけでも心がほっこりしますよ。

 

 下記でなんだかんだ色々説明していますが、一言だけ覚えておくとOK

 このゲームをプレイすると日常生活でチャンスに気づく。

 

 <疑問>

  幸運だと思っている人は幸運になるの?

 

 <方法>

ハートフォードシャー大学のリチャード・ワイズマン教授が ”運が悪い人”と”運が良い人”の違いを心理学的に説明するために行った調査。

調査の対象になった人たちは、「新聞に載っている写真の枚数を数えるように」という指示を与えられます。

その後、被験者達に写真が何枚乗っているかを尋ねます。

しかし、この実験には被験者には知らされていないもっと重要なことがあります。

それは、その紙面の半分くらいの大きさで「実験の担当者にこの記事を見たと伝えれば、あなたは100 ポンドを獲得します」という文章。

 

 <結果>

自分には運がないと思っている被験者たちは写真を数えるのに一生懸命になり、その文章に気づかなかった。

一方で、自分が運がいいと思っている多くの人たちはこの事実を気づき、100 ポンドを獲得しました。

つまり、運がいいと自分で思っている人は、運が悪いと思っている人よりもチャンスに気付きやすい

 

 

カラーバス効果とは

 一つのことを意識すると、意識していることに関する情報が無意識のうちに、自分の手元にたくさん集まるようになる現象

 例えば、VRの情報が欲しいなと思っている時に、「はてなブックマーク」とか「GIGAZINE]をさっと眺めると、VRの情報が いっぱい見つかること

一人一作品ずつ持ち寄ったゲーム試遊会に行ってきました‼

 私は、毎朝コツコツ作ってた、笑顔のSDクエリちゃんを数えるVRゲームを持っていきました~
 他の人に遊んでもらうことで“こうすればよかった”とか、“これを作っておけば良かったな”など、色々と収穫がありました!

 

α版のスマイルクエリちゃんをどれだけ見つけたか。
最高は90%、平均は80%ぐらいでした。
f:id:NazzTea:20170221072527j:plain


とりあえず、UI周りで、ゲームの流れが分かりやすくなるようなのが欲しい。

一日で、こんなに沢山の種類のゲームで遊んだのは初めてです。すべての技術をパクりたい。

 

<今後の予定>

 ・α版はEntyにて支援者向けに公開します。(2/25)
 ・β版は同じ場所で一般公開する予定です。(ぷちコン終わってから開発再開
    https://enty.jp/yutakaworks

 ・3月は第7回UE4ぷちコン
 ・暁の航路(ぷちコン終わってから開発再開
 ・Unityで制作中のゲーム(夏コミで体験版予定)